産後調整

妊娠中は赤ちゃん専用の心地よいゆりかご。
出産時には赤ちゃんのために広がって道をつくる大忙しな骨盤。
そんな女性の骨盤を復元して快適な骨盤環境をリメイキングいたします

産後のママたちには、

 「子供から片時も目を離してはいけない・・」
 「腰や背中が痛いけどまだ我慢できるし・・」
 「自分だけラクをしてはいけない・・」
 と、感じていらっしゃる方がとても多いようです。

 


女性は出産の痛みに耐えられるぐらいですから、痛みに強く限界ギリギリまでガマンしてしまう傾向にあります。
しかしその結果、症状が悪化してしまい痛みに耐えられなくてご来院なさる方がとても多いです。

整体や整骨院に通うことはラクをすることではありません。

ママにとっても息抜きは必要です。

それに子育ては年中無休です。ママが元気でなければ子育ては難しいですよね。
だからこそ、ママにはいつも元気な状態でいて欲しいですし、ママが元気だからお子さんも元気に育つことができるはずです。

 

 ともき接骨院の産後骨盤矯正は以下のようなお悩みを持った方に適した復元法です。

施術風景

施術風景の一部をお見せいたします。当院の施術は手を使った安全な手技をつかって進めていきます。

開いた骨盤の調節開いた骨盤の調節

 

股関節のアライメント調整股関節のアライメント調整



産後のママの体のダメージは、表面的にあまり現れなかったり、育児に追われるがあまり放って置きがちですが、ご自身や周りの方々が思っている以上にかなりダメージを受けています。

『病気やケガをしたら施術しますよね?』
それと同じことが言えると思います。

出産とは神秘的なことですが、同時に骨盤へのダメージはとても大きいものです。
出産をしたらしっかりと施術(骨盤矯正)をして、その後の育児を快適に行えるように準備することが大切です。

出産直後は、骨盤周りの軟部組織が緩く歪みやすい状態にあります。歪みがあるとその部分だけでなく全身に循環障害がおき、さまざまな不調が出てきます。ホルモンバランスの乱れや抱っこといった物理的な負担に加え、育児などによる疲労も体を歪ませる原因になっています。

よくあるご質問

 

産後の骨盤矯正はいつから受けられますか?

A

産後1ヶ月から受けていただくことができます。関節が柔らかい早期の施術をおすすめします。退院後お体が落ち着かれたらお早めにお越しください。効果的な適用期は産後1ヶ月~1年(帝王切開の方は、2ヶ月後から)です。
また、断乳した月から数ヶ月間もホルモンバランスが変わり骨盤が固まる方向に向かうと言われています。このデリケートな時期にも歪みをしっかり戻すことが重要です。

 

出産後のデリケートな時期に骨盤矯正をするのは怖くありませんか?

A

 

出産後の関節はリラキシンという体内ホルモンの分泌により動きやすい状態になっています。軽くアプローチするだけでバランスを整えることができますので、強い力はかけません。ご安心ください。なお、治療の一環でボキボキという音が鳴る場合もあります。特に体へのリスクはございませんが、音が鳴る矯正が怖いという方には鳴らない矯正も可能ですので、その旨おっしゃってください。

 

 

 

何回くらい通うのでしょうか?

A

6回前後の治療回数をご予定ください。はじめに産後専用骨格矯正を続けて3,4回行います。その後は骨盤が安定するまで、週1回のペースでご来院いただき全部で5~7回程の治療を行います。
育児は体に負担がかかる姿勢がとても多いので、治療プログラムが終了してからも月に1回程度のメンテナンスをおすすめしています。

治療時間が長いと子どもがぐずってしまいます。1回の治療時間はどれくらいかかるのでしょうか?

A

マッサージ、矯正、電気など全ての治療を合わせて30分前後で終わらせるようにしております。お子さまの泣き声が聞こえてくると、お母さんの筋肉も固くなってしまうので、時間内で癒されながら治療を受けていただけるよう、時間配分には気を配っております。

子供が小さいのですが一緒に連れてってもいいですか?

A

もちろんです。当院は専用託児所などの設備はございませんが、スタッフ全員子供好きです。

 

 

帝王切開でも矯正した方がいいのでしょうか?

A

帝王切開でも骨盤は開きます。(帝王切開の場合、骨盤の上部が主に広がります)
普通分娩と同様に骨盤矯正されることをおすすめします

 

 

~院長より産後の骨盤リメイキングのお話し~

 産後の骨盤矯正は通常の骨盤矯正と大きく異なります。ともき接骨院 はほねつぎ由来の矯正が得意な接骨院です。矯正の技術数だけでも手と足の指を全部足しても足りません。 通常の骨盤矯正は、日常生活の中のさまざまな原因によって上下・左右に歪んでしまった骨盤のずれを治したり、 負担のかかってしまった筋肉などの緊張をほぐして、本来骨盤があるべき位置に戻すことが目的です。
 一方で、産後の骨盤矯正は、妊娠や出産に伴う骨盤の開きや腹筋の広がりなどを正すことが目的となります。 妊娠5~6ヶ月頃になると子宮が小骨盤から大きくせり出し、骨盤内部の圧力が高まり、 骨盤上部が徐々に開き始めます。陣痛が始まると、骨盤のみならず全身の靭帯がゆるみ、 赤ちゃんが産道を通りやすい状態にしたりもします。本当に大忙しな骨盤です。そして出産時赤ちゃんは4回転しながら頭から出てくるため、お母さんの骨盤にかかる負担はとても大きなものになります。 赤ちゃんの頭は狭い産道を通って出てくるために圧で頭が一時的に変形するのですが、 同様の圧をお母さんの骨盤も同時に受けていますよね。 本来、逆三角形である骨盤が四角形になり、回転しながらの圧が左右の骨盤にかかることで、骨盤のずれ、歪みが生じるのです。また、腹筋も左右に大きく広がり出産後はうまく使うことができなくなります。出産後骨盤は一気に閉じますが、1ヶ月~1ヶ月半ほどは骨盤の骨と骨をつなぐ筋がとても弱い、緩んだ状態になってしまいます。この時期にとった悪い姿勢は、強い歪みを作ってしまう原因になりますし、歪んだままにしてしまうと将来的にさまざまな症状が出たりもします。
 次の出産でつらい症状が出ないように、産後は早めに骨盤をケアすることが大切ですね

産後骨盤リメイキング料金


初回お試し価格:1500円(税込)
(別途検査料1500円がかかります)

 

2回目以降通常料金:3000円(税込)



保険証を使った場合の料金支払例

 

  • 初回料金支払
     1500円(初回検査料) + 1500円(初回お試し価格)=3000円(税込
     
  • 2回目以降
      700円(筋肉調整料)  + 3000円(産後矯正料)  =3700円(税込)

    *保険証を使われない場合は筋肉調整料1500円が別途必要となります

*お得な回数券もございますので一度お問い合わせください。