交通事故

 交通事故の場合は「自賠責保険」という、自動車の保険を使い治療をしていきます
 しかし、当院にも交通事故の患者様は沢山来院されますが、仕組みがよくわからず困っている方がたくさんいらっしゃいます。
 当院では「交通事故専門士」をもつ院長がしっかりと治療と保険の事について説明しております。

そこで、よくある悩みをQ&A形式で答えていきます。

  • Q:交通事故の治療はどうやって受けれるの?
    A:まず、治療を受けるまでの流れを簡単に下の図にまとめておきます。
     

    ここで注目してほしいのは警察に連絡と病院に行くことです。
    事故に遭い、その場で話し合いで終わらせる方も多いのですが、その後、体の痛みを訴えても、事故と認定されていないので治療が受けられませんので必ず警察を間に挟んでください

    次に病院に行っていただく理由としては2つあります。

    1つ目は事故の痛みは2.3日経ってから出てしまうことが多く、その場で何ともないと話を終わらせると治療を受けられない可能性もでてきてしまいます。

    2つ目は治療を受けるためには診断書を警察に提出して頂かないと保険は使えません。そして、診断書は医師でないと作成出来ません。

    この点を留意し事故後は病院に行って下さい。
    その後、当院で治療を受ける場合は保険会社さんに連絡をしていただければ大丈夫です。

  • Q:自分の方が過失割合が高いのだけど治療してもらえるの?
    A:大丈夫です!自賠責保険は相手に1割でも過失があれば治療が受けられます。
  • Q:治療費はいくらかかるの?
    A:自賠責保険を使う場合は窓口負担金は0円でできます。

    その他、お困りごとがございましたら何でもご相談ください☆